タロット・パワーの活用法☆講師インタビュー(その3)

こんにちは。カモワン福岡のブログへ、ようこそ☆

今回は講師インタビューの3回目です。

講師の長友章二郎さんに、ソフィアが質問という形で投げかけたものをブログにしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回はタロットのパワーの活かし方についてです。
カモワン・タロットのパワーはどのように活用できるんですか?
 
 
カモワン・タロットは、リーディングを通して、占いはもちろんですが、自己の成長にも役立ちます。

占いというと「未来を占う」ということを一般的に指すと思います。
そういうことにも使えるんですが、カモワン・タロットのリーディングのパワーを活かすには「今、自分がどうするか」を知ることが大切なのだ思います。

タロットの力が作用するのは「今」です。
そしてその「今」が「未来」にも繋がっていくわけです。
「今」を省いて、未来のことを話すことはできません。
「今」に活用することが一番意味があります。
 
 
「今」という時点が一番重要なんですね。
では、リーディングでどのように使えるのかを教えてください。
 
 
まず、自分の身の周りに起こること、物事や状況など外に見えることをリーディングする占いです。
物事を選択したり、判断したりする手がかりのためのリーディングですね。

「目に見える世界のリーディング」と言ってもいいかも知れません。

何かしようと計画しているとき、その是非や今その計画を進めていくことについてのヒント、後押しをもらうようなリーディングです。

タロットを学んですぐの頃は、この「目に見える世界のリーディング」の方が多いかも知れません。

段々「目に見えない世界のリーディング」に興味をもつとタロットの使い方が変わり、自分が変わって来ます。
  
 
リーディングをすることで変わるんですか?
 
 
リーディングをすることで、自分が気づいていなかった考え方・心の持ち方などの偏りや自分の課題が分って来るんです。

リーディングというのは、タロットを介したハイヤーセルフ(自分の中の高次の神的な部分)との対話なので、必要なメッセージが織り込まれて入っています。

ハイヤーセルフは、パーソナリティの制限を越えた高次元の視点からアドバイスを送ってくれます。

ハイヤーセルフのメッセージは1から10まで答えを伝えるようなものではありませんが、気づきのためのヒントや方向性を伝えてくれます。

タロットを使っていくと、段々、タロットの聖霊やハイヤーセルフとの繋がりがよくなっていきます。

そうすると、ヒントが受け留められたと感じたり、ハッとさせられたりして「分った」と感じるときがあります。

そういう気づきが起こったとき、自分の内側の問題はすでに解決し始めているんです。
 
 
では、タロットが自己の成長に役に立つということについて教えてください。
 
 
タロットの中にたくさんの智慧があるんです。
特にタロットの中の大アルカナと呼ばれる22枚のカードにたくさんの智慧が込められています。
それを知ることが自分自身の成長のヒントになります。

タロットを学ぶということは、リーディングの方法を学ぶだけではなく、タロットが伝える智慧を学ぶという、もうひとつの側面があります。
 
 
タロットのカードを学ぶことが智慧を学ぶということなんですね?
 
 
そうです。

カモワン・タロットの教えでは、大アルカナのカードが1から21の数順に漫然と並んでいるのではなく、カードの並びの関連性にも智慧が入っているのが分ります。

カード単体、隣同士のカードの関連性、縦に並んだカードの関連性など、様々な智慧があります。

カードの並びから、人がどのように成長のプロセスを辿るかというのも分ってきます。

それが3段7列のタロット・マンダラなんです。
 
 
成長のプロセスを知り、気づきのツールになるのなら、それを学ぶとよい対象はどういう人ですか?
 
 
占いのツールとして使いたいという動機だけでなく、できればこれからは自己の成長のためのリーディングに活用したいと思う方にどんどん学んでほしいです。

心理カウンセリングするようにカモワン・タロットのパワーを活用する人が増えるといいと思います。

現在は心理学を学ぶ人が一般の人たちに増えてきていますからね。

心の持ちようを学ぶことに関心がある人にも手品師コースを学ぶことがとても役に立つと思います。
学びの場になると思います。

 
 
 

%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af-%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf
 Click here

カモワン・スクールでタロットを学びませんか?

2018-08-04 | Posted in 講師インタビューComments Closed 

関連記事