今の私に最善なメッセージ。

今朝の僕は、ある提案とアイデアについて、実現のために行動すべきか
自問自答していた。

それは昨夜のこと。
地域の若い後輩たちが店に来た。
ある問題で、前向きでない論争をしている。
ひとまかせで、かつ、やらない人、やってくれない人という批判を繰り返している。
中の一人は、「そうやって人の批判をするのは簡単だし、
そういう話をするのは満足感を得やすいけど、それでは
結局何も変わらないし、それは批判している相手とも何も違わない」と
語っている。実に大人の意見だが、そうやってたしなめるのもいいけど、
それで終わるだけというのは物足りなさを感じていた。

その問題は数年前から問題としてあがっていて、ずっと放置されてきていたことだった。
僕はそのことに対する解決策のアイデアをもっていて、
提案したことはあるものの、現実化することはなかった。
結局、積極的に行動して動かす人がいなければ、現実化しない。

僕自身はこの地域に来て、わずか数年しかたっていない。
いろんな事情があるだろうし、先人が考えたアイデアを尊重する必要もあると思い、
空気を読みつつ、行動することは避けていた。
ただ、知識はあり、いつでも行動できると思っていた。

こういうことは、機運が大事だ。
必要性や危機感を多数の人が感じるそんなときがいつかくる。
改善、改革はエネルギーがいるだけじゃなく、ひとりの力では簡単に動かない。

ただ、後輩の一人が問題意識を持ち始め、
「じゃあ、どうすればいいんですか」と言い始めた。

「僕はその問題に関して、調べたことがあって、やり方は知っている。
それが正解かどうかはわからないけど、検討するというならいつでも力を貸す。」と答えた。
そして、「一緒にやってみないか」とまで言ったのだった。

その後、若い後輩たちは、まだぐずぐずと後ろ向きなことを言っていて、
そのあとの進展はないまま、深夜に帰宅していった。
僕は朝の身支度をしながら、悶々と考えていた。

そうはいっても、知識・アイデアがある者が
それを目に見えるところへ出す使命のようなものがあるのではないかと。

もう決心の数歩手前に来ていた。

そこで、タロットに聞いて確認してみることにした。

出たのは、「力」の逆向き
そしてその視線カードが「法王」

 

解決カードが「太陽」だった。

 

かいつまんで言うと、
正論をかざして、説き伏せるような行動は問題がある。そしてその
解決方法は、融和して、同じ考えの同志になること。

懐柔策を考えること、仲間をつくるということだということだろう。

タロットは、急いて強引になりかねないその時の状況を戒めてくれた。

まさにその通りだと感じた。
タロットは冷静かつ客観的にメッセージを伝えてくれた。

これがタロットを通じて伝えられるハイヤーセルフのメッセージ。

これで悶々としていた心を平静にすることができた。

そうして、気持ちよく、一日のスタートを切れたのであった。

2018-04-18 | Posted in タロットブログ, リーディング事例Comments Closed 

関連記事